ピュアウォーター(RO水)とは不純物が取り除かれたすごい水

ピュアウォーターとも表現されることのあるRO水ってしってますか?

RO水とは人類が開発した様々な用途に使える奇跡の水だと思っています。天然水もそれはそれでよいのですが自宅での飲み水としては格安で安心して飲めるので昔はRO水を愛飲していました。今は天然水を飲んでます。ここではRO水とはなんなのかという基礎情報と販売元等を紹介していきます。

RO水は不純物が取り除かれた病院の透析用水にも使われる水

RO水とは英語でReverse Osmosis Membraneの略称で、逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)という技術を使いろ過された水の事。

参考:逆浸透膜

今、世界では不純物がたくさん含まれた水をきれいにする技術は昔にくらべたくさんあります。その中で、膜をつかい不純物を取り除く技術としてはUF膜とよばれる技術等たくさんありますが、そのなかでも精度の高い膜が逆浸透膜、RO膜です。

数値的には、99.999999%の水に含まれている不純物を取り除く!ので泥水や汚染された水でもRO膜を通せば飲み水として飲むことが出来るとも言われており、災害用製品でも簡易的なRO膜ストローなどが販売されています。

どのくらい細かい膜なのかの例えとしては放射能物質よりも細かくRO膜を通すことで放射能物質が含まれていない水が出来上がるなどとも言われていました。 これは、物事を計る為のただの例えなので、基本的に市販で販売されている水に放射性物質が含まれていることはないです。

不純物がまったく含まれていない水なため、病院の透析用水にも使われているそう。衛生的な水ということでしょう。

逆浸透膜は既に確立された技術なので飲み水には意外と多くの飲料水メーカーがこの技術を活用し市販でRO水(ピュアウォーター)として販売しています。

ピュアウォーターと呼ばれているのは、一般の私たちがわかりやすく理解できるように作られた名前だと思います。RO水=ピュアウォーターです。要は、不純物が一切入っていないピュアな水ということ。純水とも言われます。

本来水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが含まれていますが、RO水にはそれらも完全に取り除かれています。危険な物質を取り除く弊害ともいえます。

但し、ミネラルが邪魔、いらないと考える現場もあり、例えばRO水は医療用機器の洗浄水として活用されたり、熱帯魚の水槽でミネラルを嫌う海藻の水に使われたりしています。

人間が飲む水としても、肝臓腎臓に負担がかからずよいという見解もあります。そのためか赤ちゃんのミルク作りにはRO水が安全であると言っている人もいます。 不純物もミネラルも含まれていない水なので、水の固さ柔らかさを計る指標の硬度は「0」になります。だから口当たりは非常にやわらかい水です。

どのRO水が一番良いの?と聞かれることがありますが、RO水に差なんて無いと思います。稀に、RO水に人口的にミネラルを加えた水も販売されていますが、それは口当たりが変わってきますが、RO水で不純物ゼロで販売している水はほぼすべて同じ水だと考えてよいと思います。だから安さやなんらかな他のメリットで選べばよいでしょう。

ro水はおいしいの?まずいの?

RO水をウォーターサーバーとかで試してみようと考えている人は後ほどスーパー等でも買えるという説明をしているのでまずそのあたりで買って飲んでみてみるのがよいと考えています。ウォーターサーバーは一度契約してしまうと、2年ほど解約できなくなるので。

私は各メーカーから出ているウォーターサーバーのRO水やペットボトルのRO水など沢山の水を飲んできました。正直RO水は天然水と比較すると多少味は劣ると結論ずけています。ただ、あくまでも比較してみるとです。毎日RO水を飲んでいればそこまでマズイと感じることはなく、おいしいと感じられる水であることは間違いありません。でも、人によってはまずいという人もいるので、まずはどこでもいっているので味見をしてみるがのよいのではないかなと。

ro水はどこで飲める?

RO水を自宅で飲む方法は私が知りうる限り最適な方法が3つあります。その方法を紹介していきます。

RO膜を装備した浄水器を自宅に設置し水道水を飲む

説明してきた高度な技術なので自宅で再現する事なんて・・・と思ったかもしれませんが、実は市販でRO膜を搭載した浄水器は結構売られています。市販と言っても、その辺ですぐに購入できる代物ではなく、今はネットで買うくらいしかできません。

お値段も購入となるとかなり高く重量もある為方法としては一つですが、あまりお勧めはできない状況です。今後進化して安く手に入る時代もくるでしょうからそれに期待です。

どうしてもという方はレンタル、リースで貸してくれる業者もいます。水道水に設置する工事費用数万円と、月々のレンタルが5千円くらいかかるのでそれだけですが、最初の初期費用がちょっとお高いので私はまだ見送っています。

RO水の宅配業者を活用する

当サイトで比較しているオシャレなウォーターサーバーのほとんどが天然水を販売していますが、アクアクララのアクアファブはRO水を元にした水を販売しています。価格は天然水に比べRO水のほうが安いので業者としては天然水を買って欲しい面もあるのでしょう。HP上に天然水ばかり推している会社も意外とRO水を扱っていたりするのできになる会社があったら調べてみるといいです。

スーパーで売っているRO水を買う(ライフは無料で手に入る)

一番手ごろなのがこれです。たぶん目にしたことはあってもスル―していたかもしれません。RO水は最初にいったとおりピュアウォーターという名称でよばれていることが多いです。スーパーではピュアウォーターとして売られている水を探してみましょう。

値段も天然水より安く設定されています。また、最初に言った通り、RO水にブランド等関係ないので無名のやつがコスト的に良いと思います。

あと、知っている人も多いかもしれませんが最近はRO水をただで汲めるスーパーもありますね。私の近場のスーパーだとライフさん(実店舗でボトルに水をくめる形式なのでネットとかでは無料ではないかと思います。)なんかがそういったサービスを提供されています。私の家からはそこまで近くないので汲みにいっていないですが、徒歩圏内にあるなら活用したいですよね。普通にウォーターサーバーのメーカーだと12リットル1,000円くらいで売っている水ですから。