水の賞味期限は空気に触れなければ5年!?

水にも賞味期限はあります。保管のやりかたが悪いと飲めない水になるので注意しましょう。

ペットボトルの水は賞味期限が1~5年?

ペットボトルの賞生み期限は未開封の場合で5年という情報があります。でも、怖くて私は飲めません。1年でもちょっと長い気が。

保管のやりかたが悪い場合は1カ月でも痛んでしまう場合もありますし、開封していたら当然数日ももちません。

たとえば夏場の季節で一度開封し、水をコップに注ぎ、夏のエアコンもきいていない部屋に放置していたとしたら1日でも細菌が湧いている可能性があるということ。私ならそういう水はもう飲みませんね。観賞用の花や観葉植物のお水にするか捨てるかどちらかにします。

ペットボトルで開封し蓋をしめたとしても空気は入ってくるので必ず冷蔵庫で保管しないと水は痛みます。これは覚えておいてください。

1~5年といいましたが未開封の場合でペットボトルの水メーカーが推奨している賞味期限も約2ヶ月くらいが平均です。実際の賞味期限は幅を持たせている節もありますが、これに従わず食中毒になったとかではメーカーに責任をとってもらうこともできなくなりますし、そもそも、体が大事ですから期限は守ったほうが無難でしょうね。

ウォーターサーバーの水の賞味期限

密封度が高いウォーターサーバーの水はどうでしょう。平均の未開封時の賞味期限は約6ヶ月。

ウォーターサーバーの水もペットボトル同様に日の光や空気に弱く、設置場所が窓際などの日差しが当たる場所は推奨されません。機種によって真相は明らかではありませんがガロンボトル型のボトル内に空気が入り込んでしまうウォーターサーバーは衛生的ではないという考えが今では一般的です。ビニール製の水が減るたびに真空状態で空気を入らせない仕様のウォーターサーバーなどが今は主流。

ウォーターサーバーはサーバーに設置後、つまり開封後はどのくらいで飲みきればよいのか?というのも疑問に上がる点です。これはメーカーによってもまちまちですが2~4週間程度。サーバー自体が冷却装置を持っていること、細菌の洗浄を自動で行ってくれるなど細菌のサーバーは発達しています。また空気に触れさせないという機能も徹底している会社のサーバーは実際もう少し持ちそうな気もしますが、ペットボトル同様ここはメーカーの日数に従うのが正しい判断かと。

水は腐らないが傷む

腐らないとは?

まず、水を調べていて文献をよんでいると「水は腐らない」という不思議な意見が出てきました。これについてまずは触れていきます。コップに入れた水に一度口をつけた場合、水には少なからず細菌が入る。それを放置しておけば当然細菌は増殖します。そして水は傷むのです。

腐ると傷むの違いは、腐る=「腐ったら元の状態に戻すことはできない」。痛む=「何らかな処置を施せばまた元の状態に戻すことが出来る」というような解釈です。要は水道水もそうですが、汚いお水を浄水場で綺麗にして飲めるお水に変えているわけですから、水は腐っているわけではなく、傷んでいるという表現が正しいということ。

水を細菌から守り傷ませず保管する方法を考えてみた

痛まない保存の仕方と、傷んでしまった水を綺麗にして飲む方法はいくつか存在しますのでそのやり方をいくつか考えてみました。

冷凍保存をすれば細菌は増殖しないが緊急事態では電気が通らないから意味が無い

お水をペットボトルに入れたまま、少し開封をしてしまっても冷凍保存をしておけば細菌の増殖をふせぐことはできるはずです。0℃以下であれば細菌な増えませんので。

この方法であれば衛生的な保存ができます。しかし、実用的ではありませんね。もし災害が起きて電気が止まってしまった場合、冷凍保存できませんし。

活用するのであれば、夏の暑い日に冷凍でカチカチになった水を外に持ち歩くとかくらいしか思いつきません。そういえば、少年の頃野球をやっていたのですが、冷凍したお水を持っていたっけ。

市販のRO膜を活用する

不純物を取り除いたRO水の説明を書いている記事で既に書いている内容ですが、RO膜という99.9999%の水に含まれた不純物を取り除く技術があります。これを使えば川の水でも飲めてしまうのです。