ウォーターサーバーのメリットデメリット比較

ウォーターサーバーは絶対に導入すべき。いや水道水で十分だよ。と未だに意見は分かれることが多いですよね。私は多少のデメリットには目をつぶってもウォーターサーバーは一家に一台あったほうが細かいところで活躍しますし円満になると考えている一人。

利点、メリットは?

ウォーターサーバーを使い始めた後の具体的なメリットはどんなことかを考えてみましょう。

冷水がおいしい

ウォーターサーバーのメリットは人気になる理由を探してみると良く分かります。一つ目は誰も疑う事のないこと。冷えた水。すぐに飲めるのがメリット。最初のウォーターサーバー設置とかは手間がかかり冷えるまでの時間がかかりますが、一度冷えてしまえばもう大きな手間はありません。

その一口目の冷えた水は感動です。私だけじゃなくウォーターサーバーを導入した友人に聞いても確かに最初のウォーターサーバーの水飲んだ時は感動したわ。という感想をもらえました。ツイッターが好きなのですが、会社にウォーターサーバーを導入された社員さんのつぶやきなどでも旨すぎて感動みたいなのは少し探せば出てきます。

実際のところウォーターサーバーを使うメリットはこれだけでもよいのですが、水ですから生活の水にかかわることに色々と活躍してくれます。

お湯がすぐに使えて色々時短に

ウォーターサーバーを使い始めるとお湯がすぐに使えるのでカップラーメンやインスタントの味噌汁など作るのが簡単。ウォーターあーバーを使う前はいつもお湯を沸かして料理とか、飲み物とかを作っていたけどこれがもう面倒になってしまいます。お茶とかも簡単につくれるので来客時にささっと作れたりお湯がすぐに使えるのは時間短縮にも繋がります。

赤ちゃんの粉ミルクが簡単で時短

お湯がすぐに使えるので、赤ちゃんがいる家庭では大活躍。粉ミルクもすぐに作れてしまいます。

ペットボトルと比較するとゴミが少ないのと買物で重たいボトルを運ばなくてよくなる

ペットボトルをスーパーから買っていた人なら、毎回重たい荷物を家まで持ち運ぶ手間がなくなります。それにウォーターサーバーの場合12リットルくらいのボトルなのでゴミ捨ての回数が減るのが楽です。

それと、ペットボトル派だと冷蔵庫の中がかなりの場所をとられますよね。ウォーターサーバーにすれば冷蔵庫にスペースができるのでこれも結構良きポイントです。。

おしゃれウォーターサーバーなら部屋のインテリアに

オシャレなウォーターサーバーも沢山出てきているのでオシャレウォーターサーバーを置いておけば部屋のアクセントになりインテリアにもなります。

デメリット

逆にデメリットについても見ておきましょう。

料金が高い

ウォーターサーバーの料金体系はレンタル代金と水代を毎月支払う形式ですがペットボトルや水道水と比べるとやはり高くつきます。

飲む水の量によっても変わりますが相場としては24リットル飲んで月3,000円~5,000円くらい。使ってみるとこのくらいのコストはコスパ的によいと感じる人がほとんどでしょうがお水にそんな料金払えない派閥の方は結構多いですね。

でかくて邪魔

住んでいる部屋のキャパにも関わってきますが、ワンルーム住まいだとウォーターサーバーは結構大きいので邪魔になってしまう可能性はあります。実際でかくて邪魔だという口コミはたまにみかけるので、ウォーターサーバーを探す時は部屋のことも考えてから決めるのがいいかもしれません。ちなみにサイズとしていちばん小さいウォーターサーバーはフレシャスデュオミニがおすすめです。

音が気になる可能性がある

また、一戸建てや、3LDK、4LDK等々余裕のある家に住んでいる方であれば音は問題ないですが、一人暮らしの手狭ワンルームだと、音が気になる人もいるかもしれません。夜が少し問題。冷蔵庫の音よりもウォーターサーバーの音は静かですが、細かい時計の音が気になる方はもしかすると気になっちゃうかもしれません。

2年以内の解約だと違約金がかかる

ウォーターサーバーの契約はほとんどのメーカーが2年以内の解約は違約金を頂きます。という契約になっています。使ってみてなんか違ったという場合すぐ解約すると違約金が1~2万円は発生してしまいます。

定期宅配だから水が余ってしまう

ウォーターサーバーの9割のメーカーが宅配水を定期宅配にしておりある意味ノルマを定めています。1ヶ月だいたい20~30リットルくらいがノルマになってくるので一人暮らしの方でお水が余ってしまったという口コミをよく目にします。ただ実際には定期配送のスキップ(一時停止)を無料でできたりもするのでそこまで問題ではない点なのですが、いちいち停止の連絡をするのが面倒ですよね。

ウォーターサーバーで後悔しない為にメリットとデメリットを参考にじっくり考えよう

ウォーターサーバーのメリットデメリットは上述してきたとおりなわけですが、一番ネックになる早期解約の違約金だけは払いたくないですよね。私はウォーターサーバー大好きでもう手放せないのですが、やはりネット上でも契約して後悔しているという声は多々見かけます。全員が満足する商品なんてこの世に存在しないでしょうけど、後悔しない為にデメリットを参考にしてもらいたくまとめてみました。参考にしてもらえれば嬉しいです。